百間川

釣行日:2016/9/16 金曜日
時間:AM8:30時~PM2時
天候:晴
気温:30~22℃
ポイント:バイパス右岸上流
画像

竿:15尺
仕掛け:両ダンゴ
タナ:0.8本宙釣り
エサ:雪印マッシュポテト/グルテンLL=2/1 共エサ
画像

釣果:1枚
サイズ:尺1寸
画像

あとがき:
川の土手でトンボが乱舞し、彼岸花が咲きだした。
釣りには良い時期になってきたが、釣果はあまり宜しく無い。
苦しい時の百間川頼みでバイパス上流へ釣行した。
先客が一人おられたのでその上に入座した。
竿15尺、白エサ、タナ0.8本宙釣りで開始した。
エサを打つと、水面でジャミがはじゃいで飛び跳ねている。
時々スレてくるのはモロコだ。
1時間エサを打ち続けるが、カラツンばかり。
先客に聞くと、いつもこんな状態だが、
ヘラが来ると大人しくなるとのこと。
そのうち来ると信じてエサを打ち続けるが、
昼までマルボーズ。
床ズラシにしてみたところ、マブがイヤイヤ釣れて来た。
タナを少し上げ、下鈎ズラシでエサを打ち返したところ、
1時頃、落ち込みアタリで尺1寸のヘラが乗ってきた。

ジャミの入れアタリ状態の中、何とかボーズを逃れた。
こんなに苦しい百間は初めてでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

gamaota
2016年09月17日 21:07
釣りDo楽さん。
時よりお会いしています、gamaotaです。
百間は、今ジャミ(クチボソのミニ?大量)とチビマブが本当に多いですね。
ヘラは、Do楽さんの釣られた通り、落ち込み当たりで散発的です。先週末、百間川の名手から、ヘラはまだ流れのある酸素濃度の濃いところにいて、10月に入ると廻ってくると仰っていました。楽しみです。
本日、17日土午後に幸田川カントリー下手右岸で竿出ししました。ヘラはいませんでしたが、8寸交じりで尺2前後が入れ食いになりました。最近、チャンばかりでしたが、今シーズンで一番釣れました。またお会い出来たら色々教えて下さいね。

この記事へのトラックバック